科目別学習は短時間学習を取り入れ効率よく勉強しよう

中学入試に向けて国語の学習をする場合には、文章の読解力を高めることが重要です。

また入試で出題される文章を丁寧に読みこなすためには、その基礎となる言葉の知識を地道に増やすのがポイントです。

そのためには日常的に文章を読む場合でも、辞書を活用して語句の意味を調べるような取り組みが必要です。

更に慣用句やことわざの知識を増やすために、問題集や用語集などを活用するべきです。

また中学入試では漢字の読み書きに関連した問題が出題されるので、漢字ドリルを活用して、日常的にトレーニングするのが良い方法です。

漢字の書き取りの問題では、部首や書き順にも注意しながら練習する姿勢が重要です。特に中堅レベルの中学入試では、国語の問題で漢字に関連した様々な内容が出題されるからです。

また文章読解のスキルを高めるためには、物語や説明文のように文章の種類を見分けたうえで、タイプに合わせて読み方を工夫することが重要です。

特に物語の文章であれば、登場人物を整理したうえで、心情の変化にも注意して読み進めることが大切です。

一方で説明文の場合には、取り上げられているテーマを把握したうえで、指示語の内容も確認しながら読むのが賢い方法です。

また文章読解で点数をアップさせるためには、設問に対して適切な答を書けるように、答案作成の技術も高めるべきです。

特に50字程度で答える問題が多いので、簡潔な文章で答をまとめるテクニックを身に着けるべきです。